(お客様へ)
いくつかの商品のご購入の際はカート画面上(買物を続ける)におすすみ下さい。
一旦確定しますと送料が二重になりますのでご注意ください。宜しくお願い致します。
(お問い合わせの場合)
・再販商品について
・カート備考欄にお名前(ひらがな)記載忘れ
ショップメッセージ欄をご利用下さい。

龍の角と云われた鹿の角(赤龍)お守り

★鹿の角は松果体を刺激するようです。

☆今回は赤龍を作ろうと思って朱墨を染色しました。

 ☆日月ノ宮オリジナル構成での阿比留文字で「龍」と彫りました

 赤龍は日本の大地の龍で海底火山を守護します

 赤く炎の元気があふれるエネルギーです。

 古来、日本は赤が基準になっています

 空は白、赤は火で日の丸です。

 裏面は赤龍がエネルギーを出すイメージを描いています。

 長さ約4,5cm 厚さ1,5cm

※明るく前向きに元気がでますように。またパワフルに活動もできますように。

 
 関連記事です。

 http://hitukinomiya.jp/blog-entry-64.html



 ☆古くより戦国武将たちの兜に使われたり
 力をあらわす縁起があります。
 また貴族たちが富と権力の印として
 所有していたとも云われるそうです。
(出世・家内安全・財運・水難)



☆神代文字(カミヨノモジ)とは?
天津神第一代から第七代の大神に至るまで作られ使用された
文字を示します。
神代文字は日本古来よりの神の意思、言葉として伝えられてる
文字霊符のことで 古代神世の時代から
地域的には日本を始め世界中広範囲に及び
神代文字別名:日本和字(クニナ)とも言います。
文字そのものに最初から神秘な再生力、癒しの力,生きる力が
今の時代にも変わりなく神言霊として存在しています。
古代より日本語は一字一音に多義を含みその内容を広げていくと
底の知れない深みを感じとれ、それらの意味内容が文字に始まり
コトバとなり 生命あるものとなって立ち働く言霊となります。
神から人に託された貴重な文字でもあり最終的には神の意思とも言えます。

 
○神様の贈り物を手にしてみませんか?

☆☆☆一点の光があなたを平安に導きますように。

¥ 5,400

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価